選挙における高額バイトとは

選挙における高額バイト友人が市議会議員に立候補をすることになり、手伝いのために選挙事務所に出入りしたときの話しである。
選挙と言えば誰もが思い浮かべるのが選挙カーの存在である。
うぐいす嬢が候補者の名前を連呼しながら街中を選挙カーが通り過ぎる情景は誰もが一度は目にしたこととがあるはずだ。
友人の選挙事務所でも選挙カーに乗車するうぐいす嬢をアルバイトで雇うことになった。
公職選挙法でアルバイト代金の上限が決められているが、短期の高額バイトとしては割の良い稼ぎになる。
案の定募集をすると大学生や主婦が応募をしてきた。
市議会議員選挙は1週間である。
7日間の拘束時間で10万円近く稼げるのだから応募が多いのもよくわかるアルバイトである。
もちろん経験者であれば採用される確率も高いが、特別な資格がいるわけではないので応募する側にとってはハードルがさほど高くない高額バイトになる。
この時は7人ほど採用になったが一人も欠けることなく最後まで全うしていた。
バイト高校生短期おすすめはココ! 【高校生可・歓迎の日払い求人満載】