公共料金のクレジットカード支払いのメリットは?

公共料金は銀行や各金融機関での振込み、またはコンビニでの払込みをするのが基本ですが、多くの人はそれらの手続きの煩雑さを嫌い、銀行口座から所定の期日までに自動で引き落としされるようにしていると思います。
ですが、口座からの引き落としでは、電気、ガス、水道、電話の各社引き落とし日が異なりますので、管理が煩雑になります。
給料日がすべての引き落とし日の前にあればよいのですが、給料日直前が引き落とし日だったりすると、残高不足などになり、再度引き落とし、もしくは払込み、ということになり、さらに煩雑になりかねません。
一番オススメなのは、公共料金をクレジットカードで支払うことです。
手続き自体は自動引き落としの時とそうそう変わりません。
ただ、支払手段をクレジットカードにするだけです。
クレジットカードで公共料金を支払うメリットは、やはり支払日をまとめることができるということです。
公共料金の支払いでなくても、例えば借入金の返済日なども、月に何日かばらけている場合はお金の管理が難しくなりがちです。
さらに、ほとんどのクレジットカードには各種ポイントがついています。
ポイントの還元率はカード会社によって異なりますが、0.
5パーセントから1パーセントほどのところがほとんどです。